2012年02月21日

Q-TAX綱島店になって何が変わったのか?Q-TAXのポリシーを検証その1「低価格の提供」

横浜市港北区綱島駅近くの赤沼公認会計士税理士事務所は、昨年9月からQ-TAX綱島店としてリニュアルオープンしました。

それからもうじき6か月近くが経ちますが、いったい何が変わったのでしょうか。

 

Q-TAXには5つのポリシーがあります。

 

@低価格のご提供

 

A素早い対応

 

B親切な対応

 

C選べるサービス

 

D多彩な情報

 

これらのポリシー、他の業界ならば極々当たり前で死語になりつつある位使い古されたことのように思えます。

 

私たちの税理士業界でも、このように提唱する税理士事務所は少なくありません。

 

しかしそれは本当なのでしょうか。私は自分のいる業界で周囲を見回してみたり、新しくお客様になっていただいた方にうかがっている限り、本当にQ-TAXのポリシーと同じものを提供している事務所はほとんどないのではないかという危機感を感じていました。

 

私がQ-TAXに加わり、Q-TAXを名乗ろうと決意したのも、このポリシーこそこれからの税理士事務所が本当にお客様に価値あるサービスを提供する上で、最も大切なカギだと思ったからです。

 

ではポリシーの意味を一つ一つ見ていきましょう。

 

@低価格のご提供

今やネットで検索しても、低価格を謳う事務所のオンパレードです。にも関わらず敢えて低価格と謳うのはなぜでしょうか。

低価格と言っても実は単純な話ではありません。

「安ければ安いほどいい、最低限やってくれさせすれば、1円でも安いほどいい。特に事業を始めたばかりでお金に余裕がないのだから・・」と顔に書いている方多いです。

気持ちは痛いほどわかりますが、脱サラして会社を始めたばかりの方など、事業をご自分でやってこられた経験の浅い方に多くありがちです。

でも激安の会計事務所だったり記帳代行会社に依頼してきたものの、結局不満が募ってしまって、やっぱり安いところはその程度なんだねとわかってきちんとした税理士を探す方も大変多いということもわかりました。

 

安過ぎるところに対して多い不満として次のようなことをよく耳にします。

「メール・郵便で資料のやり取りをするだけで、電話相談さえも受けてくれない。」

「税金対策、いろいろな節税の工夫など、細かいことを税理士に教えてほしいが、一切できない。」

「もしも税務調査が来たら、対応してくれそにないけど、どうすればいいのだろう。」

「自分のPCで弥生会計のようなソフトでしっかりやりたいが、対応してもらえない。」

「担当の先生は人当たりはとてもいいけれど、質問にもきちんと答えてくれず、全く頼りにならない。」

耳を疑うような状況です。

 

Q-TAXの謳う低価格は、お客様が税理士事務所から受け取るサービスを最大限しっかり満足できるようにしながら、なおかつ驚きの低価格を実現しているところに大きな意味があるのです。

 

私も以前は、Q-TAXの料金表やサイトにあるように、月額9,870円からは大丈夫かな、とかすかな心配もありました。

しかし今では自信を持ってご提供しています。

例えば事業を始めたばかりのあるお客様の場合では、普段定期的な面談はせず、決算前後のみ最低限の打ち合わせをさせていただきます。でも普段もインターネットを通じてやりとりして、毎月の財務状況を常にアップデイトします。お客様からもご自分のPC上で毎月の財務状況がわかるようにして、必要であれば電話、メール、時には事務所で相談に応じさせていただいています。

これが実際この値段でできるのです。

 

毎月お会いする必要がないけれど、税理士に時々聞きたいこともあるし、今どれだけ儲かっているかも知りたいというお客様には、これが丁度ぴったりなのです。

まさに納得!リーズナブルな価格です。

決して無理やり安くしているわけではありません。常のお客様にとって一番良いサービスを提供するための結果でしかありません。

お客様の事業がもっと大きくなり、扱う金額も大きくなったり、社員も増えてくると、決算前後だけではなく、せめて2ヶ月か3ヶ月に一度は面談しながら進めていったほうが安心です。税理士事務所に期待するアドバイスや提案もより高度になります。

お客様の今の必要性に合わせたサービスですから、無駄な顧問料を支払うはめになりません。

結果的に、Q-TAXの税理士事務所に頼むと、その得られる満足に比べて大幅な低価格になっているのだと思います。

 

Q-TAXのポリシー、低価格の提供、依頼して下さったお客様、現在のお客さまのお顔を思い出すまでもなく、自信あります。

 

次回はA「素早い対応」これも自信ありますよ。

 

神奈川県下2号店・横浜市1号店Q-TAX綱島店赤沼公認会計士税理士事務所サイト

 

横浜の会計事務所 赤沼公認会計士税理士事務所メインサイト

 

横浜の決算申告 赤沼公認会計士税理士事務所サイト

 

横浜の新規開業・法人成り 赤沼公認会計士税理士事務所サイト

posted by 赤沼 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

信頼の会計事務所フランチャイズQ-TAXに加盟したわけ2

平成1612月に赤沼公認会計士税理士事務所として開業して以来、いろいろなお客様のお手伝いをして参りました。

   

IPO準備のお客様も数件あり、うち2件はIPOの予定は取り止めたものの、現在も顧問として見させて頂いております。

   

またMAがらみの仕事も数件、事業再生案件も数件、資金繰り改善と銀行対策は数知れず、また事業計画や経営計画を作り企業体質を改善しようと言う案件も数々ありました。

   

そんなこんなで一般の会計事務所さんとは違うようなより経営コンサルティング的なサービスを提供して参りました。

   

それはそれで良いのですが、職員も抱えてより安定した事務所経営をするには、小口でも数多くの顧問先に関与した方が良いことがわかって参りました。

   

また従来のお客様は遠くは静岡、長野、近場で平塚、藤沢、東京、本当の近隣の横浜市内はごくわずかというのは、少しも地域密着していないことが気がかりでした。

   

横浜市港北区の地域密着型会計事務所としての展開が全くしていませんでした。

   

まず本来すべきなのは地域近隣のお客様の格安でサービスし、他の地域の税理士ではたちうち出来ない案件をそれなりの料金で引き受けるというのが全うな考え方です。

   

ただし実際にこれを実行する方法論として、どうすべきかが問題でした。

   

この方法論として浮上したのがQ-TAX綱島店としての展開です。

   

このQ-TAX綱島店になると、近隣のお客様にとってもご利用いただく多大なメリットが生まれます。

   

まずQ-TAXならではの明朗な料金体系、必要なサービスを取捨選択できること、毎月から年日まで実際の関わり方に多くの選択肢があり、それにより料金もご希望どおりに実現できます。

   

既の他所の税理士と顧問契約をしている場合、大抵の場合大幅により安い料金になります。

   

またQ-TAXがご提供し推奨するクラウド会計システムならば、必ずしも行き来しなくとも、ネットを通して最新の財務数値を確認しながらやりとりすることができます。

   

つまりいつでも財務ソフトの中の帳簿が最新の状態にしておくことができます。

   

また近隣ゆえにやや混み入った相談であればいつでもお立ち寄りいただきじっくりご相談に乗ることもできます。

 

Q-TAX綱島店 赤沼公認会計士税理士事務所のQ-TAX専用WEBサイトはこちら

横浜で銀行対策、経営相談、税務相談なら横浜市港北区綱島の赤沼会計事務所へ

横浜で決算申告、決算対策、決算書作成なら横浜市港北区綱島の赤沼会計事務所へ

横浜で新規開業、法人成りなら横浜市港北区綱島の赤沼会計事務所へ

posted by 赤沼 at 16:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

信頼の会計事務所フランチャイズQ-TAXに加盟したわけ

Q-TAX綱島店 赤沼公認会計士税理士事務所の所長赤沼です。

私が全国的な会計事務所フランチャイズQ-TAXに加盟しようと決めたのは7月頃のことでした。

すぐに決めましたが、その理由を申し上げます。

 

それは税理士紹介会社に頼る税理士が多い、今の税理士・会計事務所業界は極めて不健全だと思うからです。

結局顧問になったお客様のためにならない税理士・会計事務所が多いからです。

 

現在ネットを見ると、税理士紹介会社のWEBサイトがたくさん目につきます。

無料で安くでお好みの税理士を紹介しますとうたっています。

そして何人かの税理士を実際に紹介していただき、それぞれに見積をだしてもらい、一番安いところに決めたとします。

 

初めは良かったと安心していたところ、担当者は会社に来たと思えば、最低限のことをパソコンでやったら話す間もなくさっさと帰ってしまい、相談したいことが相談できなかったとか、電話してもいつもいないし、折り返しの電話もないとか、相談ごとは別料金ですとか、毎月期限までこれこれをしてくれないと駄目ですと全く融通が効かないとか、どんどん税理士又は会計事務所への不満が溜まっていきいやな思いをされる方が多いようです。

 

実は紹介された税理士は紹介料を紹介会社に支払っているため、ほとんど身入りが無い条件で引き受けているため、初めこそきちんと対応しなければと思っても、人間ですからどうしても少しでも手を抜きたいという心理になってしまうためです。

大体最初の一年は顧問料の5070%、翌年は3050%程度の成功報酬を税理士は紹介会社に支払うことが多いのです。

 

それとそもそも相見積を出させて、通常よりも安い提示で契約することも多いのです。これも紹介会社が少しでも早く契約を決めたいことから、税理士に要求するわけです。

 

もちろん紹介会社が悪いわけでは無く、活用方法を間違えている税理士側に一番の責任があるのは間違いありません。

 

上記のようなことは十分に承知の上で、紹介会社を利用しなければならないのですが、大部分の税理士は自身が営業力が無いがために、どうしても紹介会社に依存してしまって、言いなりになり、無理な条件でも紹介された会社と顧問契約を結んでしまう事態が増えているわけです。

 

これでは顧問契約した会社側も税理士もアンハッピーです。

 

さてそこでQ-TAXの出番です。

 

Q-TAXを活用しても新規顧問先の獲得には当然それなりの支出が要りますが、それは先行投資であり、年間の宣伝広告予算として確保するものであり、成功報酬ではありません。

 

個人の税理士事務所が自前の営業ができずに、税理士紹介会社に依存するのは、自前では営業マーケティング活動の技術ノウハウが無いこととその営業マーケティング活動にかける労力がなかなか確保できないからです。

 

このような小規模な税理士事務所こそ、技術ノウハウと労力の不足をカバーしてくれるQ-TAXの活用が役立つと思いました。

 

Q-TAXではリスティング広告を積極的に活用し又SEOやランディングページを徹底的にかけ合わせて個々の税理士事務所ではできないWEBによる集客活動を実施します。

これらは個々の税理士事務所ではできない規模の金額をかけて実施されます。

 

つまり本当は自前でやりたかったマーケティング活動をかゆいところまで手が届くように徹底して考えられる限りに行うことができるということです。

 

ここの新規顧問先の契約内容に手を抜こうという誘因はどこにも出てきません。

 

効率化すべきところは効率化が既に図られているのです。

 

こんなQ-TAX加盟店である税理士事務所と顧問契約を結んだ会社は、つまらない不満ストレスを抱えずに本業に集中できる筈です。

 

そのような税理士事務所と顧問先との関係が全国に広がって欲しいと切に願います。

 

Q-TAX綱島店 赤沼公認会計士税理士事務所のQ-TAX専用WEBサイトはこちら

横浜で銀行対策、経営相談、税務相談なら横浜市港北区綱島の赤沼会計事務所へ

横浜で決算申告、決算対策、決算書作成なら横浜市港北区綱島の赤沼会計事務所へ

横浜で新規開業、法人成りなら横浜市港北区綱島の赤沼会計事務所へ

posted by 赤沼 at 17:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

成功と継続 社長の仕事

成功と継続 社長の仕事 浜口隆則著 かんき出版 

著者の浜口さんの著書はたくさん読ませていただいているが、今回は特に一言一言がはらわたに浸み込むような感じがあります。

「ビジネスを設計しているか」
設計図のない家を建築できるなどとは誰も思わないのに、経営計画がなくても平気な社長が多い。

いや全く、経営計画がある会社は極めてまれです。

「成長曲線の構造を知っているか」
事業は大きく成長する直前が一番苦しいので、多くの社長はそこでくじける。

こうして見ると会社の弱さイコール社長の弱さだとわかる。

「危機感をばねにしているか」
少し上手くいくと根拠も無いのに気を緩めて、その小さな成功に浸りたい、大きくなれない社長の共通点ですね。

そういう自分もちょっとしたことで一喜一憂してないか、油断して無いか、気が引き締まります。


「誰でもできることを誰にもできない位やっているか」
差別化の意味を説いています。

誰にもできないことをやろうというのは運と素質のようなどうにもならないものが必要です。

しかしこれならやろうという意志さえあれば、やれます。

あとは何をどれだけやろうかと社長自身が決めるだけです。

こんな当たり前だけど、見過ごしてきた大切な考え方・物の見方が122編記されています。

私も一つ一つ頭をガツンと殴られたような衝撃を感じました。

日々成長を目指す全ての社長にお奨めです。

横浜の顧問税理士、経営相談、銀行対策は横浜の赤沼公認会計士税理士事務所へ

横浜の決算申告、決算書作成、申告書作成は横浜の赤沼公認会計士税理士事務所へ

横浜の新規開業、法人成りは横浜の赤沼公認会計士税理士事務所へ


posted by 赤沼 at 17:21| 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

V字回復の経営

この本、私が5年前まで在籍していた事業再生コンサルティングの会社でもてはやされた本です。

つまりこのコンサル会社に入社したばかりの新米コンサルタントに事業再生の具体的イメージをつかんでもらうために先ず初めに読んでもらうのが常でした。

また試行錯誤を繰り返すコンサルタントも現場で自分達のコンサルノウハウを確認するのに一読しました。

ストーリーは社内での変革リーダーたちにより沈みゆく会社を立ち直らせるために、熱意と智慧により奮闘しやり遂げるというもの。

著者が現ミスミ社長の三枝匡さんという元ボストンコンサルティングの戦略コンサルタントですから、ストーリーと事業再生コンサルティングの理論・手法を絡めて解説しながらの進行で、知的興奮を覚えずにはいれない内容です。

もっとも実際にこのような再生コンサルの現場にいた身としては、実際はもっともっと泥臭くてもっともっとメンバーはみな我儘で理不尽なことだらけで、まだまだ優しくデフォルメされてると感じます。

今の私は事業再生コンサルティングは時折求められて、関わるだけですから、以前よりも随分心のゆとりをもちながら物事を見ることができます。

そんな私にとってはこの本は懐かしさを感じる一冊です。

横浜の事業再生・銀行対策・金融円滑化法対応・税務顧問・会計顧問は横浜市港北区の赤沼公認会計士税理士へ

横浜の決算申告・決算書作成・申告書作成は横浜市港北区の赤沼公認会計士税理士へ

横浜の法人成り・新規開業なら横浜市港北区の赤沼公認会計士税理士へ

posted by 赤沼 at 18:07| 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。