2008年05月31日

最近のIPO監査で思うこと

3月決算の法定監査がようやく終了です。
といってもまだ有価証券報告書チェックが終っていませんが。。。

5月3週目ごろには決算短信を発表しますので、その時点で会社法計算書類も有価証券報告書も実質的に全部記載内容を確認することになります。

さて現在上場している会社の監査はこれでよし!としても、
IPO準備中の会社の監査は終っていません。

さて私がIPO準備会社に伺うと、
10社のうち9社まではかなり無理に無理を重ねて頑張っておられます。

最近うお伺いした会社でも、
経理課長が孤軍奮闘しておられ同情を禁じ得ない状態なのです。

経理課と営業部との情報の不一致、在庫管理部門との情報の不一致、調べれば調べるほど、ぼろぼろ・・・。

いやこんなことはあってはいけないのですが、
未上場企業では決して珍しいことではないので、私たちも慣れてはいるものの、さて間近に迫った上場申請はどうするんだろうかと心配このうえありません。

生みの苦しみ、難産はつきものの、
体力がないと母体を危険にさらすことになること、注意してほしいものです。


経営計画・資金調達などの財務コンサルティングは当事務所へどうぞ
posted by 赤沼 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。