2007年04月06日

お金こそすべて!キャッシュこそすべて!

私の推薦図書「イン・ザ・ブラック」で述べられている黒字永続のHowTo、
7番目の原則をご紹介します。


原則7:キャッシュフローがすべての基本だ


一時期キャッシュフロー経営という言葉がブームになった時期がありました。
私のホームページでもキャッシュフロー経営の実現云々と書かせていただいております。
あのブームは、
上場企業が従来の貸借対照表・損益計算書に加えて、
キャッシュフロー計算書の作成が義務付けられたことによります。


P/LとB/Sだけだと粉飾がばれにくくとも、
キャッシュフロー計算書が加われば、
粉飾してもばれやすいだろう、

結果的に粉飾しにくいだろうという、
本当はどちらかといえば後ろ向きの趣旨でした。


もっともそのようなことを全面に押し出せば、
経済界の反発必至ですから、
キャッシュフロー計算書を作れば、
キャッシュフロー経営という一歩進んだ考えの経営ができるのです、
と謳ったわけです。


さて本書の第7原則のメッセージは、
もっともっと本質的な話です。


黒字すなわち会社が儲かるというのは、
使えるキャッシュが年々増えていくことです。
逆に赤字というのは、
どんどん持っているキャッシュが減ることです。
また倒産するということは、
事業に必要なキャッシュがストップしてしまい、
日々の業務が続けられなくなることです。


やはりキャッシュがすべての基本だということ、
誰でも感覚的に「それはそうだ!」と賛成されることでしょう。


問題は、税務署や銀行・VCにはキャッシュではなくて損益による報告が必要になることです。
例えば3年、5年単位で比較すると損益とキャッシュフローはイコールになります。
しかし1年単位ではイコールになりません。
それが混乱の元、
この違いを先ず最初にしっかりと理解することです。
そうすればあとは何も怖くありません。


損益は儲かったか、儲からなかったかの意味ですが、
お金の動きには色がないといいますか、
直接儲けに関る営業キャッシュフローと、
将来の儲けに役立つだろう投資キャッシュフロー と、
お金の必要な時期を調整するための財務キャッシュフローの三種類があります。


先ずこれを理解すれば、
通帳の残高が増えているのを見て、ぬか喜びしなくて済みます。


損益は大きければおおきいほどいいですが、
キャッシュフローは回転して安定して動き続けることが大事です。


現金のまま持っていてもお金は増えませんが、
そうはいっても在庫や不動産は沢山持っていると、
目減りする危険があります。


現金も在庫も不動産のような固定資産も、
要はできるだけ身軽に回転させることがキャッシュフロー経営のコツなんですね。

posted by 赤沼 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。