2007年03月19日

今日の税理士、昨日の税理士

今日の税理士、昨日の税理士、同じ税理士だけどどこか違う、
いえ違わなくてはいけないんじゃないかと思うんです。
 
さて何のことを言ってるのやらと思われるかもしれません。
 
今回書籍「イン・ザ・ブラック」から取り上げる黒字永続のHowToは、
 
第5の原則:生産プロセスを常に改善せよ
 
ここでいう生産プロセスとは、
仕入れて工場で作って、
運んでお店に並べて、
注文とってお客様に届ける、
つまり企業の活動のすべてのことを言っています。
 
赤字会社には赤字になる理由があります。
黒字会社にも黒字になる理由がちゃんとあります。
 
中でも両者を大きく分けるのが、
ひとりひとりの従業員の働き方に、
どれだけ創意工夫がありよく気が回るかです。
 
同じ商品、同じ値段、でもお店での対応が適度に丁寧、電話での受け答えが気持いい、
しっかり丁寧な包装、驚くほど早い配送など、
ひとつひとつは誰も真似ができないような物凄いことではありません。
 
しかしそんな小さなことの積み重ねが、
積もり積もれば全体としてはすごいことです。
 
ライバルが真似することができても、
そのときには更に先をいっているでしょう。
 
だからこそ毎日毎週の少しづつの改善が大事です。
 
働く人も自分で自分の仕事を職場を創造していく喜びを味わえます。
 
税理士としての私も同じお客様の月次決算を、
前月は翌月15日であったら今月は14日を目指します。
 
又レポートをよりわかりやすくするために余計なデータをばっさり省略したりもます。
 
普段はチェックしない項目を見て何か発見事項を見つけようとします。
 
前月とは違う問題が起きていないか、
笑顔の底でお客様の言動にも気を配ります。
 
 毎日ほんの少しでも昨日よりどこか成長していたい、
成長していると感じないと落ち着かない、
そんな私はちょっと欲張りなんでしょうか?
 
是非ほんの少しでいいですから仕事の仕方を何か変えてみませんか。
うまくいけば儲けもの、
うまくいかなかったら、

そのやり方ではあんまりうまくいかないことが、
わかっただけでも儲けものだとは思いませんか?
 

posted by 赤沼 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック