2007年03月07日

個人の成功プロセスも会社の事業計画も同じ!

さてこのところ私個人のお話が続きました。
個人のサクセスのためには、
ゴールすなわち目標と達成時期を明確に決めて、
その達成までの間にマイルストーンを置いて、
途中しっかり予定と実際とを比較しては修正を繰り返す。


これ実は企業が事業計画を達成するプロセスと全く同じなんですね。
企業の場合も最初に例えば3年後に達成すべき目標を定めることから始まります。
この目標は例えば経常利益1億円、自己資本3億円といった実額で決めたり、
経常利益率10%、自己資本比率30%、流動比率200%といった比率で決めたりします。
最近の流れとしては何と言ったって会社経営はキャッシュで見なきゃ!ということもあり、
フリーキャッシュフロー2億円、運転資金2億円、余剰資金1億円といった決め方もあります。


そしたらその目標を達成するために3年間のマイルストーンとして、
1年毎の数値計画を立てます。


そしてこの目標を達成するために、
効果的を思われる戦略戦術をできる限り具体的に作ります。
ここでの戦略ではいわゆるSWOT分析をし、
自社の経営資源を集中すべき分野を特定します。
自社の置かれた外部環境を機会と脅威の観点で整理し、 
自社の強み弱みとを検討してアクションプランを作ります。


後は年間目標と年間行動計画に細分化し、
次は四半期又は月間目標と行動計画にさらに細分化します。
バランススコアカード的には、
KPI(キーパフォーマンスインディケーター)を決めてそれぞれのKPI目標を、
モニタリングできるようにします。 


あとはひたすら日々考えながらあきらめずに各目標を達成すべく、
行動行動行動です!


そして1週間ごと1ヶ月ごとに今順調に目標に向けて進んでいるのかどうか、
チェックと反省、修正とを繰り返していきます。


これ個人の成功へのプロセスと全く同じですよね。
得てして会社の計画が絵に描いた餅に終わって、
計画が何度も修正される格好悪い事態に陥ることを私は何度も目にしました。


個人の場合のプロセスを研究することで、
会社の計画に命を吹き込むことができるのではないかと思います。


では次回から個々のプロセスを深堀りしていきましょうね。


目指せ。プランニング名人への道。
ん?計画倒れ名人への道?(笑)


確かに行動は大事ですが、
それだって計画あっての行動が大事なんですよねっ!

posted by 赤沼 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック