2012年08月09日

横浜港北綱島の税理士会計士が今思うこと

今まさに思うことは、農家でいう土壌改良、品種選別、栽培方法研究といったことにあたるものは会計事務所で言うと何なのかということです。

農家で促成栽培やブロイラーのような育成の仕方を手っ取り早くすると、当面はとても儲かるかもしれませんが、長くは続きません。

そしてそのままだと、土地も痩せ全てが疲弊して、それから焦って手を加えても手遅れということになります。

会計事務所でも、気を付けなければ同じようなことになりかねません。

じっくりと取り組んで、本当にお客様が心から幸せを感じてくれる良い商品サービスを提供する人と、手っとり早くお金儲けをしようとするのでは、時間が経てば経つほど、前者はお客様に愛されて言い値の商売が出来ていくのに、後者は競争力を失いいずれ廃業せざるをえなくなくると思います。

このことはすべての業種・商売で同じように言えることです。

今私は自分の会計事務所における土壌改良として何をすべきか自問自答を繰り返しています。

答えはもちろんわかっているつもりですが、具体的で実際に取り組めなければ意味がありません。

私たち会計事務所の売り物は、人です。
ですから人周りに求めている答えはあると思っています。

ぜひご自分の事業での、ご自分の会社での土壌改良とは何か、悩んでみていただきたいと思います。

横浜の税理士 Q-TAX綱島店のHPはこちら

横浜市港北区綱島の赤沼公認会計士税理士事務所のHPはこちら
posted by 赤沼 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/285659965

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。