2012年07月25日

なぜ、いい税理士を顧問にすると、銀行はお金を貸したがるのか そして日本政策金融公庫との提携話

20120627_赤沼先生_書籍画像.PNG
全国的な会計事務所フランチャイズチェーンQ-TAXの綱島店として、先月末一冊の書籍の刊行に参加しました。

題名は、「なぜ、いい税理士を顧問にすると、銀行はお金を貸したがるのか」、あさ出版より出ました。

冒頭には、マンガでZマンエイト(?)というスーパーマンみたいのが、銀行融資を成功させるとっておきの秘訣としてこの本を残して飛び去るというストーリーがあります。 

我ながら笑ってしまうような出だしですが、堅いイメージになりがちな税理士の本としてはこの方が面白いと思っています。 

休日に実際に読まれた社長さんから、今まで銀行さんの立場・考え方などまったくわかっていなかったから、今回はとても参考になったというお声もいただきました。

 ぜひ頭の片隅にでも入れておけば、きっとこの先役立つこと間違いない内容です。 ぜひご一読ください。

 さて今回、この本の発行を機会に、近隣の日本政策金融公庫さんと関係を持ちたいと願い、連絡を取ってみました。 

そうしましたら担当者の方が飛んで来られて、ぜひとも提携して欲しいとのこと、正直その積極的姿勢に驚きました。 

何でも顧問税理士からの紹介に大変注力しているとのことで、いきなり社長さんからの融資申し込みに対しては、どうしても警戒してしまうのが本音なのだそうです。 

その点、顧問税理士であれば、実情をよく知っていて、特に公庫さんが知りたい会社の数字をよく把握されているわけですから、話もスムーズにいくというものです。 私も納得して、今後は紹介していくことを確約しました。 

続く 

横浜市港北区の赤沼公認会計士税理士事務所のHPはこちら 

横浜市港北区のQ-TAX綱島店

横浜市港北区の決算申告のHPはこちら
 

横浜市港北区の新規開業・法人成りのHPはこちら
posted by 赤沼 at 19:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。