2009年07月07日

答えは突然やってきたB

長野から帰京したのが火曜日、
翌水曜日の監査は隣の駅でUターン、
木曜日は監査に行くのをやめて家で一日寝て過ごす。
金曜日の朝コンサルティングのクライアント行く途中の表参道駅から、
やっぱりUターン。
しようかと思いましたが、
何とかしなくちゃ、
どうせ帰路で渋谷を経由するのならばと思い、
行き着けの針灸の先生に診てもらいました。
が、しかし「体がやけに冷たい。おかしい。」と言うもののいつものような切れ味鋭い治療効果もなく、
偏頭痛と吐き気がひどくならないように恐る恐る帰宅したのでした。

そんな時保険営業の知人から渋谷の中堅企業へ一緒に行かないかという誘いがあり、
再度夕方渋谷へ向かうことになりました。

初めてお会いするその起業の経理部長さんとの面談中、
偏頭痛が治まらず、
終始手を頭にあてて、
脂汗を額ににじませ、
苦痛に歪んだ表情をしていたと思われます。

初対面の方との面談中、
普段の私ならば決してありえないし、
自分でもこんな態度がよくないのを知りながらも、
どうにもならずたまらない気分でした。

お誘いしてくれた保険営業の知人も大変心配してくれました。

どんどん何かが壊れ初めていましたが、
まだまだほんの一時的なものだと少々タカをくくっていました。

単に長野の暑さにやられた。
久々に行ったスポーツクラブできつい運動をしすぎた上に、
その後休むべきときに出張で思いバッグで体をさらに酷使して、
首近辺の筋と神経を痛めたと思いました。
また長野でのハードワークがこたえたのだと思いました。

しかしそんな程度のことではなかったのです。

続く
posted by 赤沼 at 23:35| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。